「ブーティ」という一歩を踏み出せ!

ブーティ ただ一度のものが、僕は好きだ。